ゆるく生きる

音楽、ゲーム、サッカーなんかの話をゆるく適当に綴るブログです

日本代表・南野拓実も輝いたCL初戦ザルツブルクvsゲンク

がむしゃらなプレーができる選手は見ていて気持ちがいい…!

 

f:id:ky21:20181008230920j:plain

 

 

 

 

試合のハイライト

 

この記事でも書いたとおり、ダークホースに予想したザルツブルク

とんでもない試合をやってのけた。

zatsusyumi.hatenablog.com

 

感想(雑記)

19歳のホラント前半だけでハットトリックの大暴れ。

こいつ、ここまでやるとは思わなかった…。

 

10代でここまでやったのは史上初らしいですね。

次世代最高のCFになれるかもしれない逸材がついに目覚めてしまうのか…!?

 

 

また、前半に2つアシストを決めた南野の活躍も見逃せない。

1つ目はトラップが流れたところを上手く前に流してのアシスト。

 

彼はたまにあらぬ方向にボールが流れるんだけど、

相手も読めないから、それが意外といい結果に繋がったりするんだよね。

 

 

2つ目のアシストは100Mくらいかって距離を

なんと競り合いながら強引にドリブルで突破

 

からのクロスでホラントのハットトリックを決めるアシスト

アジアカップ・イラン戦の先制アシストと少し被って見えた。

 

南野がだんだんゴールに近づくにつれて観客が立ち上がったのが、

個人的に嬉しく誇らしかった。

こういう場所でも沸かせられる選手になったんだなぁ…と。

 

 

 

南野と同じくザルツブルクに所属する「古都のネイマール」こと

奥川雅也は後半途中から初めてのCLを体験。

見せ場は無かったけど、良い経験を積めたと思う。

 

 

対戦するゲンクは南野同様日本代表常連の伊東純也が先発。

決定的な惜しいシュートがひとつあった。

あれが決まっていれば、世界のIJになれたかもしれない…。

 

他に目立ったシーンが無かっただけに、

あのシュートがとても勿体なく感じてしまった…。

贅沢な意見だと自分でも思う…。

 

 

 

 

ザルツブルクとゲンクは前回王者のリヴァプール

そしてセリエAのNo.2ナポリが同じ組。

 

どちらも今後は厳しい戦いになることが予想される。

 

それでも精一杯の力を出し切り、

あわよくば決勝トーナメント出場を勝ち取ってほしいな、なんて。

 

いきなり大量失点のゲンクは厳しいけど、

ザルツブルクはELでナポリを倒したこともあるので期待できそう。

 

 

 

これからの試合も、本当に楽しみだなぁ、と思いました。

おしまい。