ゆるく生きる

音楽、ゲーム、サッカーなんかの話をゆるく適当に綴るブログです

【アズレン】いるといないじゃ大違い?工作艦を編成に入れるメリット・デメリット

大規模イベント真っ盛りのアズールレーン

 

そのゲームに登場する艦種「工作艦」の扱い方が、

ようやく掴めたので、まとめてみました。

 

 

 

アズールレーン クロスウェーブ 限定版 【限定版同梱物】(描き下ろしイラスト使用)オリジナル収納BOX、設定資料ビジュアルブック、プチドラマ&ミニサウンドトラックCD、特製デフォルメフィギュア 同梱 & 【予約特典】プロダクトコードカード 付 & 【Amazon.co.jp限定】ドラマCD 付 - PS4

新品価格
¥13,824から
(2019/7/6 22:30時点)

 

 工作艦の艦船

「明石」と「ヴェスタル」の2人がこれに該当。

 

f:id:ky21:20190706221606p:plain

f:id:ky21:20190706221617p:plain

 

 

装備例

適当ではありますが…

 

f:id:ky21:20190706221720p:plain

f:id:ky21:20190706221703p:plain

 

修理施設は2つ以上載せるのがベター。

明石は専用装備の「猫パンチ」があれば持たせましょう。

後は対空装備を埋めて、装備のレベルも上げれば良し。

 

 

 

メリット

1.弾薬が「1」増える

通常、出撃すると弾薬は「5」になるが、

工作艦を編成に入れると弾薬が「6」になる。

 

 

f:id:ky21:20190706215900p:plain

f:id:ky21:20190706215912p:plain

 

弾薬が無くなっても迎撃はできるが、攻撃力は落ちるので、

待ち伏せ艦に遭ってしまったり、単純に1回多く迎撃したいときは

この工作艦の存在が非常に大きい。

 

 

ちなみに「明石」「ヴェスタル」の2人を同時に組んでも、

1人だけにしても増える弾薬は「1」。

 

 

 

2.緊急補修で回復できる

道中で拾わない限り、緊急補修は基本手に入らない。

それが、工作艦を入れることで最初から持つことができる。

 

f:id:ky21:20190706220356p:plain

f:id:ky21:20190706220407p:plain

※スパナみたいなマークのやつが緊急補修 

 

 

個数は2人同時に組めばかなり増える。

5個も使うことはまず無いので、2個程度あれば十分でしょう。

 

 

3.回復スキル持ち

戦闘中に艦隊を回復させる貴重なスキルを持っている。

 

これは工作艦でなくても持っているキャラはいるが、

いちいちスキル確認するのが面倒であれば工作艦を入れればOK。

 

 

 

デメリット

火力・耐久に不安がある

 

明石は火力で、ヴェスタルは両方で不安がある。

 

耐久面は緊急補修と回復スキルである程度カバーできるが、

火力に関しては周りに頑張ってもらうしかない。

 

 

 

工作艦の運用例

海域ドロップや条件クリアなど周回の場合には大きな力となる工作艦

 

一方で時間内に撃破する必要があるボス戦には回復以外で力になれず。

 

 

 

なので、運用としては

周回目的では工作艦を加え、

ボス撃破目的なら工作艦を外す。

 

 

こんな運用が適切なのではないかな、と。

 

 

 

ちなみに、今回のアイリスイベントでは工作艦が結構重要な働きをしました。

 

弾薬が増えるから艦隊1つだけでもクリアでき、

十分な回復力があるので高難度海域で出せなかった子を出撃させ、

経験値を積ませることができました。

 

 

燃料消費も抑えられたので、比較的容易にメダルが集まり、

1週間足らずで目当ての報酬艦船をゲット!

 

 

 

f:id:ky21:20190706222224p:plain

f:id:ky21:20190706222243p:plain

 

揃いも揃ってすごいカッコしてる…

 

 

おフランス、すごい…

 

 

 

去年取れたル・マルスもゲット、突破も完了、改造も済ませました。

 

f:id:ky21:20190706222401p:plain

 

 

建造で当たったフォルバンも改造成功、ル・マルスと仲良く改に!

f:id:ky21:20190706222507p:plain

 

 

 

去年から頑張ってればもっと楽だったなぁ…

アズールレーン びそくぜんしんっ! (1) (4コマKINGSぱれっとコミックス)

新品価格
¥864から
(2019/7/6 22:31時点)