ゆるく生きる

音楽、ゲーム、サッカーなんかの話をゆるく適当に綴るブログです

今季欧州リーグでプレーする日本人をまとめてみた

今年の夏は20歳前後の若手の海外挑戦が目立ちましたね。

 

 

どこに誰がいるのか、時々わからなくなっちゃったりするので、

とりあえずヨーロッパの主要リーグでプレーする日本人をまとめてみました。

 

移籍市場はまだ閉まってないので、あくまで8/4時点のものです。

 

 

 

プレミアリーグイングランド

DF吉田麻也サウサンプトン

 

FW武藤嘉紀ニューカッスル・ユナイテッド

 

 

 

岡崎レスター退団で日本人は2人に。

武藤ベニテス元監督と共に中国へ、なんて噂もあったものの残留。

一安心。

 

エヴァートン香川に、

サウサンプトン堂安に興味を持ってたものの、移籍は実現せず。

とりあえず今夏の移籍はなさそうですね。

 

 

 

 

ラ・リーガ(スペイン)

MF乾貴士(エイバル)

 

MF安部裕葵(FCバルセロナ

 

MF久保建英レアル・マドリー

 

 

ラ・リーガサンタンデール(スペイン二部リーグ)

FW岡崎慎司(マラガ)

 

MF柴崎岳デポルティボ

 

 

 

久保安部が欧州屈指の名門へ移籍という衝撃に始まり、

エイバル復帰、岡崎のスペイン初挑戦、柴崎は二部で再出発。

 

久保はチーム状況がパッとしないのでトップチーム昇格かレンタル、

あるいはカスティージャでラウールの元でプレーするのか考え中。

安部は当面Bチームで鍛えて昇格か移籍を狙う、という感じになりそう。

 

あとは香川のスペイン移籍があるかどうか、ですかね。

 

 

 

 

セリエA(イタリア)

DF冨安健洋(ボローニャ

 

 

セリエB(イタリア二部リーグ)

MFサイ・ゴダード(ベネヴェント・カルチョ

 

 

 

20歳の冨安が守備の国・イタリアに初挑戦。

長友インテル退団後、久しぶりにセリエAに日本人が来ました。

当面はCBと右SBを兼任しながら守備戦術を叩き込む感じになりそう。

 

トッテナムのアカデミーで育った22歳のサイ・ゴダード

今季もチーム内の競争を勝ち取れるかの勝負。

 

鎌田セリエAジェノアに加入する可能性があるそうです。

 

 

 

 

ブンデスリーガ(ドイツ)

MF長谷部誠アイントラハト・フランクフルト

 

MF香川真司ボルシア・ドルトムント

 

FW大迫勇也ヴェルダー・ブレーメン

 

MF鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト

 

 

2.ブンデスリーガ(ドイツ二部リーグ)

MF原口元気ハノーファー96

 

DF酒井高徳ハンブルガーSV

 

MF宮市亮(ザンクト・パウリ)

 

MF伊藤達哉ハンブルガーSV

 

 

 

かつては最も多く日本人が所属していたリーグも今や二部含め8人に。

そのうち香川は退団がほぼ確実、鎌田ジェノア移籍の可能性があり、

原口酒井はクラブとの対立でオファーがあれば退団するとのこと。

伊藤もU-21チームへ降格となり、新天地を探しているそうです。

 

ただ、残留確実な長谷部大迫は中核として昨季以上の活躍を期待されてます。

ドイツでの実績もあるので、この2人は安心して見ていられますね。

 

 

 

 

リーグ・アン(フランス)

GK川島永嗣RCストラスブール

 

DF酒井宏樹オリンピック・マルセイユ

 

DF昌子源トゥールーズFC

 

 

 

フランスもイングランド・ドイツ同様に新加入は無し。

リーグ戦は最終戦のみの出場だった川島も残留を勝ち取り、

2シーズン目に突入する昌子は主力として期待されています。

 

マルセイユのレジェンドになりつつある酒井トッテナム加入の噂が。

昨季CL準優勝チームに日本人が加わるという夢のような話も、

現実として起こり得るかもしれないですね。

 

 

 

 

 

リーガ・NOS(ポルトガル

GK権田修一(ポルティネモンセ)

 

MF中島翔哉FCポルト

 

DF安西幸輝(ポルティネモンセ)

 

FW前田大然(マリティモ

 

GK小久保玲央ブライアン(SLベンフィカ

 

 

中島の帰還、安西前田の海外初挑戦もあってそうそうたる顔ぶれに。

全員がチーム内の競争からスタート、という感じでしょう。

ただ、10番を背負う中島はリーグでの実績があるので出場機会は困らないはず。

予選を勝ち抜けば本人の目標の一つだったCL本戦出場も。

 

18歳の小久保は強豪ベンフィカのBチームで修行中。

ワールドクラスのキーパーを輩出した実績があるので、期待は大きいですね。

 

 

 

 

エールディヴィジ(オランダ)

DFファン・ウェルメスケルケン・際(PECズウォレ

 

DF中山雄太(PECズウォレ

 

MF板倉滉(FCフローニンゲン

 

MF堂安律(FCフローニンゲン

 

MF中村敬斗(FCトゥエンテ

 

DF菅原由勢(AZ)

 

 

冬に中山板倉が、夏に10代の中村菅原がオランダ初挑戦。

ファン・ウェルメスケルケン・際も4シーズンぶりに一部復帰が決定。

多くの日本人が所属するオランダ。

 

菅原は既にEL予選で欧州デビューを終え、

中村は開幕戦でなんとゴールを記録しブレイクの予感が漂う。

マンチェスター・シティからレンタル加入の板倉も開幕戦でゴールに絡む活躍をし、

若手の成長を最も見られるリーグとも言えますね

 

移籍の可能性が高かった堂安は残留。

アヤックス移籍は立ち消えたもののシャフタール・ドネツクや、

ロコモティフ・モスクワなどCL・EL常連からのオファーはある模様。

移籍期限ギリギリまでどうなるかわかりません。

 

 

 

 

 

ジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー)

MF森岡亮太シャルルロワSC)

 

GKシュミット・ダニエル(シント・トロイデンVV)

 

MF遠藤航(シント・トロイデンVV)

 

MF伊東純也(KRCゲンク

 

FW久保裕也(KAAゲント)

 

DF植田直通セルクル・ブルージュ

 

FW豊川雄太(オイペン)

 

FW鈴木優磨(シント・トロイデンVV)

 

 

ファースト・ディビジョンB(ベルギー二部リーグ)

MF天野純スポルティング・ロケレン)

 

DF小池龍太(スポルティング・ロケレン)

 

 

鎌田冨安木下関根が去ったものの依然多くの日本人がいるベルギー。

シュミット鈴木ら「海外挑戦のラストチャンス」と捉える選手が多い様子。

二部にもJ1屈指のキッカー天野にJ最強クラスの右SB小池が海外初挑戦。

 

レンタル先から復帰した久保や冬から加入した森岡は既に公式戦でゴールを記録、

残留の救世主・豊川とコパを経験した植田は更なる成長に期待。

冬加入ながら大活躍の伊東は待望のCLデビューも決まりました。

 

 

 

 

 

オーストリアブンデスリーガオーストリア

MF南野拓実(RBザルツブルク

 

FW北川航也(SKラピッド・ウィーン

 

MF奥川雅也(RBザルツブルク

 

 

長年のオーストリアでの活躍が報われたのか、南野がついにCL参戦。

チェルシーとの親善試合で2ゴールなど調子も良さそう。

ドイツ二部で鍛えてきた奥川とともに欧州最高峰の舞台に挑みます。

 

アジアカップ以降代表から遠のく北川もついに欧州参戦。

親交のある先輩・岡崎同様に這い上がれるか、見ものです。

 

 

 

 

 

その他欧州主要リーグ所属

DF長友佑都ガラタサライ/トルコ)

 

FW浅野拓磨(パルチザン・ベオグラード/セルビア

 

FW木下康介スターベクIF/ノルウェー

 

FW西村拓真(CSKAモスクワ/ロシア)

 

 

トルコでも確固たる地位を確立した長友は今季もCL参戦が決定。

昨季CLデビューに欧州初ゴールも決めた西村はスタメン争いに燃え、

出場機会を求めて浅野セルビアへ、木下ノルウェーへ向かいました。

 

 

 

 

 

所属先未定

MF本田圭佑

 

MF小林祐希

 

 

東京五輪出場を勝ち取りたい本田は欧州復帰に向け交渉中。

昨年「有名なクラブに行く」と語った小林はビッグクラブの可能性もあり。

 

2人ともメンタルと個性の強いレフティーという共通点があり、

今後どうなるか楽しみな存在。

 

 

 

 

 

Jリーグ復帰組

FW宇佐美貴史ガンバ大阪

 

MF関根貴大浦和レッズ

 

MF井手口陽介ガンバ大阪

 

 

3人とも低迷する元所属クラブに復帰が決定。

宇佐美関根は既に勝ち点獲得に貢献するなど、早くもフィット。

 

今日復帰が決まった井手口は欧州再挑戦も目指し、

慣れ親しんだ青黒の名門で再出発となりました。

 

 

 

 

移籍マーケットはまだまだ開いているので、

これから動く選手もいるはず。

 

コパ・アメリカで大ブレイクの三好康児(横浜)も、

スペインメディアが取り上げるなど、移籍の可能性もあり。

 

 

日本人ではありませんが、チャナティップ(札幌)のドイツ行きもあるかも。

ファン・ウィジョ(元G大阪もフランスのボルドー加入が決まりましたね。

 

 

久保建英レアル・マドリー移籍にはじまり、

多くの日本人が移籍した2019年の夏。

 

チャンピオンズリーグに出場する選手も多く、

楽しみな夏がこれから始まる予感がしますね。

 

 

楽しみ。

 

 

 

 

 

ちなみに、

DAZNではイングランド、スペイン、イタリア、フランス、オランダ、

トルコにCL&EL、JリーグはJ1からJ3まで。

スカパーではスペイン、イタリア、ドイツ、ポルトガル、オランダ、

そしてベルギーのリーグ戦が、またルヴァンカップACLも観られます。

 

 

DAZN

新品価格
¥0から
(2019/8/4 21:36時点)

 

 

海外の好きなチームや日本人の活躍をしっかり観たいって人にはおすすめです。